ラミューテは、パラベン、鉱物油、アルコール、石油系合成界面活性剤、合成着色料などすべて含まれていません。しかし、何か肌に問題があったら…とつい考えてしまうものです。天然由来の成分を主としているラミューテですが、副作用はあるのでしょうか?

副作用はほぼなし、敏感肌でも使える化粧品

ラミューテは、皮膚科医によるパッチテストを全商品に実施しています。24時間連続して貼付し、その副作用がないか調べた上で、自信を持って販売している商品です。そのため、副作用はほとんど認められていません。敏感肌の方向けに、安全性にこだわり、配慮を尽くし販売されていますので、多くの化粧品と違って一般的に多く含まれている添加物も天然由来成分でなくては使用していません。化粧品として販売するために、また製品を安定した状態で一定期間使用するために、どうしても必要となる添加物さえも、その役割を天然由来成分で置き換えているのです。肌の刺激となる成分は配合することも控えていますので、副作用といった心配はまず必要ないと言えるでしょう。

副作用の考えられる成分は含まれていない!

ラミューテは無添加にこだわった化粧品です。しかし、保存の面でやはり防腐剤の役割を持つ成分を配合する必要があります。防腐剤をまったく使用しないと、化粧品の成分が変化してしまうだけでなく、カビなどの菌の繁殖などの原因になってしまうため、より肌にとって悪い刺激になってしまうからです。しかし、パラベンなど防腐剤で副作用の噂などを耳にすることもありますので、心配という方も多い事でしょう。

ラミューテでは、主にフェノキシエタノールという添加物を配合しています。この成分は、最近無添加化粧品やオーガニック化粧品でも防腐剤の代用品として使用されている成分です。名前に、エタノールと入っているため、アルコールなどと勘違いする方も少なくないようですが、アルコール成分ではありません。玉露や緑茶などに含まれる成分で、天然由来の防腐剤として使用されています。天然由来の成分ですので、防腐剤としての役割はやはりパラベンなどと比べやや劣りますが、肌への刺激はほぼゼロに等しくなっていますので、副作用なども、もちろん認められていません。口に入れるお茶の葉から作られた成分ですので、安心して使えることは一目瞭然です。こうしたラミューテのこだわりが、副作用の少なさにつながっています。

副作用よりも、アレルギーに気を付けて

ラミューテが副作用のない化粧品とは言っても、やはりアレルギーに関してはまったく可能性がないとは言い切れません。天然由来の成分を多く配合しているため、その成分の中にアレルゲンが含まれている場合は、そのアレルゲンに対し、反応してしまうことがあります。口にするのと違い、反応はやや抑え目なことが予想されますが、肌に合わない可能性が出てきますので、注意は必要と言えるでしょう。

天然成分を主とした化粧品のすべてに言えることですが、アレルギーに関しては避けることができません。アレルギーがあるという方は、事前にラミューテの全成分をチェックした上で、アレルギー反応を起こす可能性がないか、今一度チェックしてみることが大切でしょう。アレルギーは検査も面倒なもので、自分では分かっていないケースも少なくありませんので、万が一使用後に赤くなってしまったり、かゆみが出てしまったりする場合には、直ちに使用を止め、皮膚科医に相談してみるのがベストと言えるでしょう。ラミューテの場合は、副作用を考えるよりも、アレルギーの成分について確認してみると良いかもしれません。ラミューテの成分表はホームページにも商品ごとに記載されています。必ず確認を行ってから、購入を決めてみると良いでしょう。

スターターキットの詳細はこちらをクリック!