ラミューテの代表格とも言っても過言でないアドバンス美容液ですが、その美容液の成分や効果など気になる方も多いのではないでしょうか?ここでは、ラミューテで一番効果が高いとされているアドバンス美容液について徹底的に、リサーチしていくことにしましょう。

ダマスクウォーターが主成分の美容液

ダマスクウォーターは、ご存じの方も多いと思いますが、大人の肌トラブルの原因とも言われている女性ホルモンに働きかけてくれる成分です。女性ホルモンは、年齢を重ねていくと自然にその生成、分泌も衰えてきてしまいますが、それを化粧品などで外から補うことは不可能に近いと言われています。しかし、このダマスクのバラだけが、アプローチできると証明されています。

バラの効果は近年まで、証明されていませんでしたが、この数年でその効能が認められ始めています。例えば、女性ホルモンへの効果もその一つです。バラには血行を良くする力があり、冷えと不調が切っても切れない女性ホルモンにも効果があることが明らかとなっています。自分の力だけでは女性ホルモンのバランスを整えることも難しいですが、ローズの力を取り入れることで、女性特有の悩みが解消されていくそうです。肌の調子も、やはり女性ホルモンに左右されることが多いですので、内側からアプローチしてくれるダマスクローズを配合したラミューテは、本来化粧品が持っている力を上回る効果が期待できそうですね。

アドバンス美容液で注目の成分とは?その1

肌にスッとなじみ、使い心地の良い美容液ですが、その主な成分は上でも紹介した熟成ダマスクローズウォーターの他に、ヘキサペプチド‐3、メバロノラクトン、プラセンタ、3種のセラミドとなっています。どれも潤いに着目した成分であり、肌本来が持っている潤い、ハリ、バリア効果を形成させる効果が期待できます。その中でも、美容液だけに配合されている特に着目したい成分なのが、セラミド3種と言えるでしょう。

セラミドにはその番号ごとに異なる効果が期待できます。アドバンス美容液に含まれているセラミドにはセラミド1、セラミド3、セラミド6Ⅱの3つがありますが、それぞれの効能も違います。まずはセラミド1ですが、これには水分を保持する機能が備わっています。外部刺激に優れたバリア機能も持ち合わせており、化粧品に欠かすことのできないセラミドです。セラミド3も同じく、水分保持力がありますが、しわを改善させる効果があります。セラミド6Ⅱは水分保持力の他に、肌のターンオーバーを早める力を持っており、しわを軽減し目立たなくする作用があります。この3つが配合されているため、アンチエイジング効果、特にしわと肌の回復力、免疫力に効果が期待できます。

アドバンス美容液で注目の成分とは?その2

もう一つこのアドバンス美容液にしか含まれていない成分が、ヘキサペプチド‐3です。聞きなれない成分ですが、この成分は保湿、保潤に効果を発揮してくれます。それだけではありません。特にすごいと言われているのが、神経伝達物質に働きかけることです。顔の表情筋は働いて使わない日がないため、どうしても日に日に表情じわが刻まれていってしまいますが、そのしわを軽減させることができるそうです。化粧品先進国スペインで開発された成分ですが、毎日使い続け、つい寄せてしまうことでできるしわを未然に防いでくれると言います。できてしまったしわにまで、働いてくれる成分というわけです。アミノ酸から合成されているため、危険な副作用などもありません。安心して使えるラミューテだからこそ、配合されている成分と言えそうですね。

スターターキットの詳細はこちらをクリック!