「大人ニキビが治った」「肌の調子が上がった」と高評価の多いダマスクローズウォーターを配合したラミューテですが、一部で悪評を耳にすることもありますよね。今回は、そんなダマスクローズの効果について、徹底的に検証してみることにしましょう。

大人ニキビに効果がないという悪評は本当か?

女性ホルモンに作用し、大人ニキビにも効果があると言われているダマスクローズですが、悪評も聞かれます。女性ホルモンが乱れることで、引き起こされる症状として挙げられるのは、生理不順や更年期障害、大人ニキビなどの肌トラブルなどですが、果たして効果がないという悪評は真実なのでしょうか?

バラにはゲラニオールやネロールなどといった香気成分が含まれています。これはローズ特有の香りの素となる成分です。この香気成分には女性ホルモンの分泌に深い関係性があることが証明されています。香りの有効成分が大脳辺縁系を通じて、ホルモンの分泌をコントロールする視床下部に届き、その下部にある脳下垂体を刺激して、性腺刺激ホルモンが分泌をはじめ、それが血液を通じて卵巣に伝わり、卵巣からエストロゲンが分泌されるのです。

このおかげで、女性ホルモンのバランスが整い、女性特有の悩みや肌トラブルを解消してくれます。また、肌の弾力を高め、トラブルの引き金となる免疫力の低下を解決してくれるのです。悪評には、ラミューテにはダマスクローズが配合されているのに、大人ニキビには効果がないとありますが、研究でもダマスクローズの香気成分が女性ホルモンに働くことが証明されていますので、これはまったくの誤解と言えるでしょう。

美肌の悪評も真実ではない!

ダマスクローズの香気成分は、女性ホルモンに作用してくれるだけでなく、ストレス緩和にもアプローチしてくれることが認められています。アロマテラピーなど香りを嗅ぐことによって精神が休まることも多いですが、同じような作用がダマスクローズの化粧品を使用することで得られるそうです。忙しく日々を送っている現代人にとって、このストレスは肌荒れの大きな原因となっています。そんなストレスによる肌トラブルも解決してくれたら、美肌もより手に入るに違いありませんよね。

ダマスクローズには、緊張を緩和させ、呼吸数や血圧の上昇を防いでくれる効果が期待できるだけでなく、精神面でも心を安定させ、リラックス効果を与えてくれるそうです。過度なストレスは肌にとって大切な睡眠も妨げてしまうと言われていますので、良質な睡眠を取れるようになることも肌にはプラスです。どうしてラミューテは悪評につながってしまうのでしょうか?ここからは考えられる理由について見ていくことにしましょう。

悪評につながってしまう理由は?

悪評につながってしまうと考えられる点は、ラミューテの使用期間ではないでしょうか?ダマスクローズは、天然由来の成分です。そのため女性ホルモンの働きをすぐに正常化させることはできません。女性ホルモンにはサイクルがあり、一定のリズムを刻んでホルモンの分泌量を調節しています。つまりそのサイクルを繰り返すことで、バランスが整っていくため、短い使用期間では大きな効果が期待できません。これが悪評につながってしまったと思われます。

1週間、1か月では、ホルモンのサイクルも肌サイクルも、迎えることはできません。最低でも2か月以上使い続けることが大切なのです。1サイクル、2サイクルと繰り返していくうちに、目に見える効果が表れてきますので、化粧品を使い続ける期間はできるだけ長く設定してみると良いでしょう。しっかり試した上で、ラミューテの効果を評価してみることがポイントになります。悪評に流されることなく、その効果を手に入れてみてくださいね。

スターターキットの詳細はこちらをクリック!