敏感肌の方はなかなか自分にピッタリの化粧品が見つけられないことで、いつも悩んでしまいますよね。肌が敏感で弱いと添加物などの化学物質が入った化粧品を一回使っただけでも、肌がピリピリしたり、赤くなったりしてしまいます。無添加の化粧メーカーはいろいろありますが、ラミューテはお肌の安心、安全を知りつくりした研究者によって作られた無添加化粧品として知られています。ラミューテはどれぐらい無添加にこだわっていった化粧品なのでしょうか?

無添加化粧品とは?無添加の基準はメーカーによっていろいろ

無添加化粧品とうたっている化粧品はたくさんありますが、成分をよく見てみると、本当に無添加化粧品なの?と疑ってしまうものも多数あります。そもそも無添加とう表記基準には法的な根拠があるわけではなく、メーカーごとに自社で判断して体に悪影響がある成分を一部排除しただけで、無添加化粧品と表記しているものはたくさん存在するというわけです。このため、無添加化粧品と言っても、一般的に体に悪影響があるとされている成分が普通に入っているものもたくさんあります。

無添加という表記の基準はさまざまなので、無添加とあってもすぐに安心するのではなく、自分自身の目でその成分を一つ一つ確認し、本当の意味で無添加化粧品であると言えるものなのかということを確認することが大切です。無添加化粧品であるラミューテでも自社の基準によって無添加という基準を設けていますが、非常に厳しい条件をクリアした無添加化粧品となっています。

ラミューテの成分は敏感肌の方にも安心できる無添加基準

敏感肌のため、日ごろから化粧品の成分は無添加であることにこだわっているという方が、特に注意しなくてはいけない成分には、鉱物油、石油系界面活性剤、パラベンなどがありますが、ラミューテの成分にはこれらの成分はもちろんのこと、さらにアルコール、合成着色料まで完全にフリーです。

鉱物油というのは石油を精製して作られる油で、化粧品の成分表示ではミネラルオイルなどと表示されることもありますが、肌を保護するという効果が期待できる反面、毛穴に詰まりやすいので、肌トラブルを起こしやすくなります。また、石油系界面活性剤は水と油分をなじませる効果がありますが、肌表面の角質を破壊したり、経皮毒によるアレルギーやガンを誘発したりする可能性があります。

パラベンは防腐剤で、化粧品だけでなく、食品、医薬品にもよく使われる成分ですし、アルコールも合成着色料も添加物ですが、これまでもフリーにするというのはすごいこだわりだと言えます。なぜここまで厳しい基準で無添加にするのかと言うと、まれにこれらの添加物でもアレルギー反応を起こす方がいるからだそうです。ラミューテでは敏感肌の方でも安心して使えるように24時間連続のパッチテストを行い、その基準をクリアした成分しか入れていないというのは安心できるポイントですね。

無添加というだけでなく、選び抜かれた原料、材料だけが使われている

ラミューテは体に有害になるかもしれない物質を排除して無添加にこだわっていますが、その他の成分においても化粧品開発専門のプロ達が、より安心で安全な化粧品を作るために直接生産者の元に足を運び厳選した原料、材料だけを使っています。ラミューテの特色である美容成分の豊富なダマスクローズウォーターも、信州蓼科高原で栽培された純国産無農薬有機栽培されたダマスクローズのみを使用して作られたものです。害虫に弱いダマスクローズを完全無農薬で育てているので、非常に手間暇がかかっていることは安易に想像できますが、一つの原料でも体に有害となるものは入れないというラミューテの強いポリシーを感じることができます。敏感肌で悩んでいる方は安心、安全な成分からなるラミューテをぜひお試しいただきたいと思います。

スターターキットの詳細はこちらをクリック!