化粧品

良い化粧品を探していると言う方も多いのではないでしょうか?化粧品も色々な種類のものが売られていますし、やはり少しでも良いものを選びたいものです。また、顔に直接つけるとあって肌に合わないものは避けたいですよね。今回はその中でも、話題の「ラミューテ」について見ていきたいと思います。どのような商品になっているのでしょうか?

ラミューテ化粧品とは?

ラミューテは敏感肌の方のために作られた商品です。お肌の中でも顔は一番トラブルに悩まされるところですよね。そんな場所につける化粧品だからこそのこだわりがあると言います。アトピーやニキビがあると化粧品の使用はどうしても避けた方が良いと医師に言われてしまいますが、やはり毎日のスキンケアだけはしっかり押さえておきたいですよね。「化粧品に使われる成分は、色々売られているけれど、そう変わらないのでは?」「何の化粧品を使ってもぴったりのものが見つからない!」「敏感肌で化粧品として売られているものは、ほとんど使えない!」と言う方は是非試してほしい商品と言えるでしょう。

ラミューテの特徴とは?敏感肌に良い理由とは?

では、どんなところが敏感肌化粧品と言えるのでしょうか?ラミューテは潤う、守ると言う今までの化粧品と違う考え方で作られています。その1つ目が、女性ホルモンのバランスを整えることに着目しているところです。生理や妊娠など女性にとって肌トラブルと女性ホルモンは密接な関係にありますが、ホルモンのバランスを整えることで肌トラブルを内側から防ぎ、アプローチしていくそうです。美容成分を多く含む化粧品は、肌トラブルを招きかねませんが、成分だけで補うのではなく、ホルモンに働くなんて、なんだか期待が持てますよね。

2つ目はメバロノクランと言う成分です。敏感肌の方は一時的に肌が回復を見せても、またトラブルになってしまうことが多いですが、このメバロノクランは肌の奥のバリア機能に働くと言われる成分だそうです。肌にはもともとバリア機能が備わっており、冷気や紫外線、刺激などから肌を守る機能がありますよね。また、自ら潤いを作り出し、ピンとハリのある肌に生まれ変わらせる再生能力が備わっています。こうした機能を強めることができれば、より肌トラブルを防ぐことができます。肌の質も変わってくると言う訳です。

3つ目はナノ保湿です。ナノと言うのはミクロンよりも小さい長さを示す単位です。その大きさは1㎜の10億分の1、1000ミクロンと等しいと言われていますので、どのくらい小さなものか分かりますよね。肌の根本的なバリア機能は潤いを与えることで活発化しますが、バリア機能は肌の表面にあるばかりでなく、内側の機能が正常な状態にないと働かないと言われています。化粧品でいくら潤いを与えても、バリア機能が整うとは言い切れないのです。内側にアプローチしていくことでよりバリア効果が高くなり、肌が強くなります。ナノと言う小ささがポイントと言えそうです。

ラミューテを使って、その効果を実感してみよう

ラミューテHPには、先ほどお話しした女性ホルモンへのアプローチ効果、ナノの威力、バリア機能を整える成分などの紹介が詳しく載っています。本当に敏感肌すべての方にあって、効果があるかどうかは使ってみないと分かりませんが、少なくても期待が持てる商品であることは確かなようです。肌が本来持っている、女性の体に備わっている力をアップさせることができれば、敏感肌の克服にも一役買ってくれそうですね。メディアなどでも広く紹介されているため、信用できる化粧品とも言えると思います。ぜひ、気になる方は実際に購入して、その効果を体験してみると良いでしょう。

スターターキットの詳細はこちら