ニキビ跡

大人ニキビに素晴らしい効果があると言うラミューテですが、ニキビ跡にまでラミューテの効果は期待できるのでしょうか?外側と内側から働く成分が含まれているため、何となく効果がありそうな気もしてきますが、果たして消えるのかと言うところまでは、疑問です。今回はそんなニキビ跡にスポットを当てて、ラミューテを検証してみることにしました。

ニキビ跡によって、対処法は異なる

単にニキビ跡と言っても、その種類は複数考えられます。ニキビをつぶしてしまい、赤く跡が残ってしまうニキビ跡や茶色に色素沈着を起こしてしまった跡、クレーターの様に陥没してしまう跡などです。これらは原因もそれぞれ違ってくるため、消すためにもそれぞれ違った方法でアプローチしていかなくてはなりません。赤く残ってしまうニキビ跡は、実はニキビの炎症を抑えようと血液の流れが、そこに集中してしまうために起こります。これはニキビ跡の中でも軽度で、肌のターンオーバーを繰り返すうちに、修復されていきます。

茶色のニキビ跡は、炎症が修復していく段階で、色素沈着を起こしてシミの様になってしまうことが原因と言われています。シミと同じ扱いになりますので、跡が消えるまでには、多くの時間がかかり、色素根本を消していくための努力が必要となります。また、クレーターニキビ跡はニキビの炎症が毛穴を超え、真皮まで広がり、肌の組織を破壊してしまったために残った跡です。ニキビをつぶしてしまったりするとクレーターの様になると言われていますが、この跡を消すためには、化粧品でのアプローチに加え、美容整形のレーザー治療を施すことでも、跡を薄くすることができます。

ラミューテはニキビ跡にアプローチできる?

肌の組織を大きく損傷してしまったクレーターニキビ跡には、かなり手こずりそうですが、ニキビ跡の代表格とも言われる赤ニキビ跡やシミと同様、色素沈着が原因となる茶色ニキビ跡にはラミューテの効果が期待できるかもしれません。ラミューテの成分にはダマスクローズが使われていますが、この成分には女性ホルモンのバランスを整える効果が認められています。ホルモンのバランスが傾いたことによる大人ニキビの発症を抑えることができますので、ニキビ跡自体には効果は少ないですが、これから新たに作られるニキビの量を抑える効果は期待できそうです。どんなに肌がターンオーバーを繰り返し、ニキビ跡を徐々に消しても、次から次へとニキビができてしまっては、跡が減ることに繋がりませんよね。そんな理由もあってラミューテのダマスクローズはニキビ跡改善に役立つと考えられます。

また、ラミューテの成分にはプラセンタやヘキサペプチド-3が含まれています。肌の奥にあるコラーゲンの網目構造に働き、肌のハリを蘇らせる効果が期待されている成分です。ニキビ跡を修復させるためには、肌がターンオーバーを繰り返すことが大切になってきますが、その経過の中で、肌が本来持っている弾力を取り戻すことができれば、ニキビ跡の修復が期待できます。ラミューテには肌を外敵から防ぐバリアサポートも兼ね備えていますので、茶色跡の原因となる紫外線によるダメージも防いでくれそうですね。

ニキビ跡が気になるなら、一度ラミューテを試す価値あり!

ラミューテは、従来の化粧品と違い、肌の外側だけでなく、内側からのアプローチができます。そのため、改善の難しいと言われているニキビ跡への効果も期待のできる化粧品です。潤い、バリア効果、コラーゲンの層にまで働いて、肌のターンオーバーを効率よく繰り返すことができれば、次第にニキビ跡が消えていくことが予想できます。一度は使ってみる価値のある化粧品と言えそうですね。ニキビ跡を消したいと思うなら、ロングスパンで、ぜひ使ってみると良いでしょう。

スターターキットの詳細はこちらをクリック!